IENA

News & Feature Topics

  1. Topics>
  2. News

2016.09.23 / NewsKino Iglu × IENA 25th ANNIV「Allons au cinema」シネマにでかけよう

top.jpg

"Kino Iglu"有坂氏が25thを迎えるIENAのために選んだCINEMAを、名古屋パルコ店、ルミネ横浜店、Maison IENA(自由が丘店)にて移動映画館として上映します。ヌーベルバーグと称され映画の変革期にあたる60年代。その時代のフランス映画を中心にパリジェンヌのファッションや音楽などカルチャーにふれ、あなたの見たい映画をみつけてください。スクリーンの中のように、いつもよりスタイルアップした秋のトラッドスタイルとともにお届けします。当日はフリー入場、"Kino Iglu"有坂氏オススメの以下映画から『Une femme est une femme 女は女である』『Zazie dans le metro 地下鉄のザジ』2本を上映。上映映画以外の作品紹介やフランス映画に触れながら楽しめるフードのご用意もございます。

【上映スケジュール】
10月1日:名古屋パルコ店
10月2日:ルミネ横浜店
10月9日:Maison IENA(自由が丘店)
全て13:00~、15:30~、上映いたします。
店内一部を移動映画館コーナーとして、Kino Iglu有坂氏の映画解説とともに1日2回上映します。


【作品リスト】

cinema1.jpg


左: 『Vivre sa vie 女と男のいる舗道』
(1962年 フランス 84分)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
物語:家庭を捨て、女優になる夢にも敗れ、娼婦に身を堕とした女・ナナの姿を12のエピソードで綴ったドラマ。
©1962.LES FILMS DE LA PLEIADE.Paris


右:『Une femme est une femme 女は女である』
(1961年 フランス=イタリア 85分)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
物語:子供を欲しがらない夫を慌てさせようと、妻はボーイフレンドと関係を持ったかのように信じ込ませたのだが......。
©1961 STUDIOCANAL IMAGE - EURO INTERNATIONAL FILMS,S.p.A.


cinema2.jpg


左:『Masculin, féminin 男性・女性』
(1965年 フランス 104分)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
物語:政治とバッハに強い関心を持つ青年・ポールは、ある日歌手デビューを控えた女性・マドレーヌと出会う。彼女に夢中になったポールは共同生活を始め...。
©1966 ARGOS FILMS-ANOUCHKA FILMS-


右:『Zazie dans le metro  地下鉄のザジ』
(1960年 フランス 90分)
監督:ルイ・マル
物語:地下鉄に乗ることを夢見てパリにやって来たナマイキなおてんば少女ザジと、珍妙な大人たちが巻き起こす大騒動をアイロニカルに描く。
©1960 Nouvelles Editions de Films


cinema3.jpg


左:『Play Time プレイタイム』
(1967年 フランス 124分)
監督:ジャック・タチ
物語:半年以上もの時間を費やしてパリ東部に建設した巨大セット「タチ・ビル」の近未来的な都市を舞台に、就職の面接を受けるためにやって来たユロ氏とアメリカ人観光客バーバラのすれ違いや出会いをユーモラスに描く。
©Les Films de Mon Oncle - Specta FilmsC.E.P.E.C.


右:『Ascenseur pour l'échafaud 死刑台のエレベーター』
(1957年 フランス 92分)
監督:ルイ・マル
物語:欲望の果てに運命を狂わせていくカップルの行く末を、洗練されたタッチで描いたクライム・サスペンス。
©1958 Nouvelles Editions de Films


1.jpg

『LES AMANTS 恋人たち』
(1958年 フランス 90分)
監督:ルイ・マル
物語:平凡な毎日から逃れるように愛人との密会を重ねているジャンヌ。ある日、車が故障して途方に暮れている彼女の前に、若い考古学者・ベルナールが現われる。
©1958 Nouvelles Editions de Films



【Kino Igluプロフィール】

Kinoiglu_1-2.jpg


「キノ・イグルー」
2003年、中学校時代の同級生・有坂塁と渡辺順也によって設立。東京を拠点に全国各地のカフェ、書店、パン屋、酒蔵、海の家、美術館、無人島などで世界各国の映画を上映している。2015年には「あなたのために映画を選びます。」という個人面談イベントをスタート。 映画おみくじや映画サロンなど、大胆かつ自由な発想で映画の楽しさを伝えている。
連載:「Oggi」(小学館)、「vikka」(三栄書房)
ホームページ:http://kinoiglu.com/インスタグラム:@kinoiglu

  • BACK
  • NEXT
  • 表示 PC版 | スマートフォン版